瞑想とは ?

入門コース

瞑想とは、心を体の中心に静止させ、心を身体の中に優しく引き戻し、種々の感情や思考、例えば家族のこと、仕事のこと、勉強や遊びのことなどに惑わされずに、身体の中の一点に集中することです。

瞑想すると心は澄んでいき、やがて輝きが現れ、物事がハッキリと見えるようになっていきます。泥で濁った水でも、そっとしておけば透明になっていくのと同じことです。瞑想によって心が落ち着いてくると、心は乱されなくなり、それまでの混乱、ストレス、イライラ、不安等が消え去ります。

瞑想によって誰もが利益を得ることができますが、それを実感している人はあまりいません。たとえば、生徒が話を聞かないといって困っている先生は、生徒たちに瞑想させ、自分も瞑想すれば良いのです。生徒の集中力がない状態では、教わった事を覚えることも、教わっている事の価値を判断することもできないのですから。瞑想をしていると集中力が高まり、読んだものを深く理解し、より良く理解し、覚えておけるようになります。