国際短期出家 日本語コース

タイ国で一度僧侶の生活を体験してみませんか

皆さんは仕事ばかりの人生に飽き飽きしていませんか。悩み事に苛まれる生活に嫌気がさしていませんか。それとも何にうんざりしているのかは分からないけど、人生が平坦で日々の生活に意味を見出せないでいるなんてことはありませんか。苦しい。けど、その苦しみの原因がわからない、どうやって解決すればいいのか分からない。

そんな時は、一度別の人生を僧侶としての生活を送ってみませんか。それはとても質素だがしあわせで平穏に満ちた生活です。

日本人向けの国際短期出家コースはタイで毎年行われ、今年のGWで10回目となりました。そこで今年は日本国内で初めてとなる日本人向け国際短期出家コースを開催したいと思います。お盆休みの時期に栃木県にあるタイ瞑想村で行われ、指導僧侶は10年以上の実績がある僧侶たちが皆さんを優しく指導してくれます。このコース参加した皆さんは、2500年以上も受け継がれてきたお釈迦様存命の時代と同じ出家得度式を体験し、お釈迦様の教えと、中道瞑想を学ぶことが出来ます。そして、タイ僧侶の質素だけどしあわせにあふれた生活も体験することが出来るのです。

出家することで家族や親戚にも出家による功徳が贈られ、しあわせをもたらす手助けとなります。

日々をしあわせに暮らす方法を今探し求めているのなら、お釈迦様と同じ僧侶の生活を体験してみませんか。そこにはあなたの探し求めている答えがあるかもしれません。



wan_4663
impression
application
download

18

 

タイでの僧侶生活を通し、心の内にある平穏と幸福を見付けましょう。正しい瞑想を学ぶことで心が平穏になり、あらゆる苦しみから解放されます。山頂の美しい大自然の中で平穏と幸福に触れ、さらに僧侶の視点からタイ北部山岳民族の文化と生活を学べます。10日間、すべての柵を捨て心と体を休ませましょう。


期間

2019年4月 27日~5月 6日(10日間)

場所

タイ国チェンマイ県 国際瞑想センター

 

申込締切日

2019年4月7日

参加費

15000バーツ(50000円)
申込金として5000バーツ(20000円)をお支払いください。申込金は面接の際にお支払いいただくか、オンラインで面接を受けた方は指定の口座にお振込いただくことになります。キャンセルが発生した際には、この申込金からキャンセル料2000バーツ(5000円)を差し引かせていただいた後、残りの金額を返金とさせていただきます。

資格

1.男性限定 年齢20-65歳まで。(健康であれば65歳以上でも参加可能)

2.仏教に信仰心があること。

3.日本語でコミュニケーションが取れること。

4.全日程に参加可能。

5.規律を守り、礼節を重んじることができる。

6.健康および伝染病、持病を持っていない。例えば、てんかん/糖尿病/精神病/腎臓病/ぜんそく/エイズ。および麻薬中毒者ではない。

7.質素な生活に順応できる。自分および他人の負担にならない。

8.身体的障害がない。

申込に必要な書類

1.証明写真 1 枚(6ヶ月以内)

2.申請書 1 枚

 

申込の流れ

1.オンライン申込画面に必要事項を記入

2.担当者からメールおよび電話にて面接の案内

3.タイ仏教瞑想センターにて面接

4.担当者からメールおよび封書で合否の連絡

5.2019年4月27日(土)14:00時にチェンマイ国際空港の国際内のミーティングポイントBで集合。

事前準備(参加者が事前に用意しておく物)

1.私用物。例えば、歯ブラシ/歯磨き粉/石鹸/シャンプー/髭剃り/懐中電灯

2.常用、常備薬。例えば、抗アレルギー剤/虫・蚊よけ/胃薬など

3.靴。茶色を基調としたサンダル

4.参加費15000バーツ

制限品

1.瞑想の妨げとなる物。例えば、無関係な本/音楽・映像再生機器

2.食料およびスナック菓子各種

3.鏡およびカメラ。家族および親戚や友人の写真

4.貴重品および装飾品。例えば、指輪/ネックレス/など。通信機器。例えば、携帯電話/スマートフォンなど。

上記の品々は担当者がチェックし、厳重に保管いたします。プログラム終了後にお返しいたします。


お問い合わせ


コースで行われる活動


出家得度式

_mg_3747
2
1

托鉢

2
12
14

瞑想及び法話

17
1
9
5
4
1
11
6
7

歩く修行及び地元との交流

13
3
5
8
16
dscf1054


講師紹介


タイ仏教瞑想センター

【日本】TEL:03-5604-5727 受付時間:PM02:30〜PM08:30(定休日:月曜)
【タイ国】Tel.(66)[0]86-347-8172

お申込み